元気の森かじか おすすめの過ごし方

子ども会や部活動などの団体おすすめ!「夏」満喫プラン

 

元気の森かじかを一番楽しむことができる季節は何といっても7月から9月にかけての「夏」です。暑い時間帯は「プール」(7月~8月のみ)や施設目の前にある川あそび、夕方のちょっと涼しくなってきた頃にBBQなどを準備したり、そうめん流しをしたり・・・。近隣に民家がないため、夜は肝試しや花火、キャンプファイヤーなどで盛り上がるのもおすすめです。
 

  

 
特におすすめは施設目の前にある釈迦院川での川あそびです。遠目に見ると何もいないように見えますが、石を少しめくっていれば「サワガニ」が出るわ出るわ。アブラメやドンコ、オイカワといった魚も見つけることができます。箱メガネや網は施設で無料レンタルがあるので、それもぜひご活用ください。
川の深さは時期にもよりますが、子どもの足首から太ももあたりと比較的浅い箇所が多いです。ただ子どもたちが遊ぶ際は、必ず保護者や責任者の皆様は目を離さぬようお願いします。
 

 

プールもあるので、小雨や前日に大雨が降ったときなどは、安全第一。川あそびから変更して、プールで楽しみましょう♪浮き輪やボールなどがあれば、さらに楽しいこと間違いなし。
 

-----モデルプラン(夏バージョン)-----

 
○1日目
13:00 かじかチェックイン(昼食、荷物を置き、トイレ休憩)
13:30 川あそび&プール遊び
15:30 休憩(スイカ割りなど)
16:30 夕食の準備(BBQやカレーづくり等)
17:30 夕食
19:30 片付け
20:00 肝試しや花火など  
 
○2日目
08:00 ゆっくり朝食・片付けなど
10:00 かじかの体験プログラム(うどんづくり体験など)
12:00 昼食後、チェックアウト
 
 


[おすすめの過ごし方]